コンセントの穴は左右長さが違う

電気コンセントの2つの穴はよく見ると左の穴のほうが2mmくらい長く、左右非対称であることが分かります。

プラグのサイズは左右同じなのに、コンセントの穴は長さが違うのです。

左の長い穴は、余分な電気を地中に逃すアース線につながっています。

アースは、高圧線の変圧器が故障したときに電気の逃げ道となり、家屋内の電圧が上昇するのを防いでくれます。

プラグの差しかたに決まりはないので、ふつうは適当にコンセントに差しますが、家電製品のプラグはどちらを差しても問題ないように作られているそうです。

ただし、じつは正しい方向でプラグを差すとオーディオなどの音響機器には影響があり、アース側につながる線が途中で入れ替わらないように接続すると音がクリアになるなど品質がよくなるので、音響マニアの人は正しい差し方をしているはずです。

左右の穴のサイズが異なるのは、電気用品安全法という法律でサイズを変えるよう定められているからで、極性のあるコンセントの穴はマイナス極側を長くするのです。

極がない交流電流については法律は適用されないので、家庭用コンセントの穴は同じ長さで問題ないのですが、配線業者の工事の都合上、アース側をマイナス極と呼ぶ習慣があり、穴の長さを変えているそうです。